サーモス 真空断熱ストローボトル ふるさと納税 通常便なら送料無料 FFQ-600 保冷ボトル 自転車 ストローボトル THERMOS 保冷 ステンレス ボトル

サーモス 真空断熱ストローボトル FFQ-600 保冷ボトル 自転車 ボトル 保冷 ステンレス ストローボトル THERMOS

THERMOS,真空断熱ストローボトル,ストローボトル,www.samuizazen.com,/campaign/,保冷ボトル,保冷,FFQ-600,自転車,ボトル,ステンレス,サーモス,1020円,車、バイク、自転車 , 自転車 , 自転車アクセサリー 1020円 サーモス 真空断熱ストローボトル FFQ-600 保冷ボトル 自転車 ボトル 保冷 ステンレス ストローボトル THERMOS 車、バイク、自転車 自転車 自転車アクセサリー THERMOS,真空断熱ストローボトル,ストローボトル,www.samuizazen.com,/campaign/,保冷ボトル,保冷,FFQ-600,自転車,ボトル,ステンレス,サーモス,1020円,車、バイク、自転車 , 自転車 , 自転車アクセサリー サーモス 真空断熱ストローボトル 通常便なら送料無料 FFQ-600 保冷ボトル 自転車 ストローボトル THERMOS 保冷 ステンレス ボトル サーモス 真空断熱ストローボトル 通常便なら送料無料 FFQ-600 保冷ボトル 自転車 ストローボトル THERMOS 保冷 ステンレス ボトル 1020円 サーモス 真空断熱ストローボトル FFQ-600 保冷ボトル 自転車 ボトル 保冷 ステンレス ストローボトル THERMOS 車、バイク、自転車 自転車 自転車アクセサリー

1020円

サーモス 真空断熱ストローボトル FFQ-600 保冷ボトル 自転車 ボトル 保冷 ステンレス ストローボトル THERMOS

サーモス 真空断熱ストローボトル FFQ-600 保冷ボトル 自転車 ボトル 保冷 ステンレス ストローボトル THERMOS 

■スポーツバイク・自転車のために生まれた構造
■どんなボトルケージにも フィットする形状
■たっぷり600mlを、冷たいまま飲める
■グローブをつけたままでも開けやすいキャップユニット
■飲みやすい独自のストローボトル構造
■どんな自転車にも組合せやすいボトルデザイン
■ボトルケージにも、手にも、 しっかりフィットするボディリング
■お手入れのしやすさも、使いやすさのポイント
■“シンプル”にこめた自転車専用設計

※保冷効力とは、室温20度において製品に規定量の4度の冷水を満たし、所定時間放置した場合の温度です。
※本体寸法は0.5cm単位、本体重量は10g単位で表示しています。

容量:0.6L
保冷効力(6時間):10度以下
口径:約4.5cm
本体寸法/幅×奥行×高さ:約7.5×7.5×23cm
本体最大径:約7.3cm
本体重量:約0.27kg

カラー(JAN)
ブラック(4562344359382)
ホワイト(4562344359399)
レッド(4562344363952)










サーモス 真空断熱ストローボトル FFQ-600 保冷ボトル 自転車 ボトル 保冷 ステンレス ストローボトル THERMOS

注文してから予想以上に早く届き、商品も一目でしっかりとした物であることが分かりました。 週末のサイクリングで早速使ってみて、保温力や片手で簡単に使える操作感も問題無く満足です。 ただ、やはり少し重いので、路面の振動で本体がボトルホルダーに当たる音(カチャカチャ音)が、若干気になるのでホルダーをもう少ししっかりとした物に替える必要性を感じています。
容量が600mlなので、500mlペット+氷の運用がしやすい。 保冷力は上々だが、真夏の屋外と自転車の振動が影響しているせいか、氷の溶けが早い気がする。 樹脂製のボトルと違いボトルケージの締めつけに合わせて変形出来ないのでキツ過ぎると出し入れ時に傷がつくし、緩めだとボトル上部に遊びができるため走行中にカタカタと音がうるさい。 ボトルの底部と上部の2点でホールド出来き、調整可能なTopeakのボトルケージを使って様子をみるつもりです。
先週、猛暑の中、大阪から京都までツーリング時に通常のサイクルボトルに氷を入れて携帯しましたが、すぐにお湯状態・・・。今回お盆の四国ツーリング用にFFQ-600を購入。さすがTHERMOS!氷も長時間溶けることなく、常に冷たいドリンクを飲むことが出来て、快適なツーリングとなりました。ボトルケージにもぴったりで形状もよく考えられており、取り出しやすく、飲みやすくとても気に入りました。 夏のツーリングにおいて必須アイテムですね。
さっそく使ってみました。ストロー部分が、圧迫されて固着していたので爪楊枝で広げました。 気温27℃ほどで、日差しのある中1時間ほどの時点で2~3個入れた氷は解けていました。 でも帰宅までの3時間、ドリンクは冷たいままだったので これで生ぬるいドリンクを飲まなくて済そうです。 始めストローはなぁ~と思っていましたが、ネックガードで鼻まで覆っているので クビの下から入れて飲めるので意外と便利でした。 走行中に飲むスタイルは、無理なので信号待ちの間に飲むには良いと思います。 ストロー部分の洗浄も予想よりも簡単でした。

最新の研究情報